colopixie

design,computer,app

Category :

Tag :

Macアプリの様々なアンインストール・ライセンス解除方法

macapp_uninstall
あけましておめでとうございます!
さて、お正月を堪能したところで、12月からMacの調子が悪くて(パソコンが重くて同仕様もなくなってディスクユーティリティでディスクの検証するたびにSSDが壊れています。と言われるHDMIで接続している場合一瞬ブラックアウトする)などなど。
なので修理を出すのですが、その前にやることといえば、バックアップとアプリのライセンス解除ですよね。
Windowsであれば、コントロールパネルからプログラムの追加と削除から、アンインストールできますが、
Macは様々なやり方があるのでメモとして残しておきます。

一番簡単なアンインストール・ライセンス解除方法

一番ポピュラーなアンインストール方法。App Storeからダウンロードしたアプリなどはこのやり方で。
スクリーンショット 2014-01-03 13.03.00
右クリックをして、ゴミ箱に入れるだけです。
ライセンス認証したアプリも、このやり方でライセンスが解除出来る場合があります。
また、設定ファイルが残っているのかもしれないので、AppZapperなどを使ってそういったゴミファイルと一緒に削除するやり方もあります。
詳しくはこちら:[N] Macからソフトを削除(アンインストール)する方法

アンインストーラーを使ってアンインストールする・ライセンス解除方法

有料のアプリに多いです。
スクリーンショット 2014-01-03 13.07.59
Appと同じフォルダーか、インストーラーのdmgの中に入っている、アンインストーラーというアプリがあるのでそれを実行してアンインストール・ライセンス解除できます。

特殊なアンインストール方法

Adobe CC

スクリーンショット 2014-01-03 13.16.22
Adobeのアプリのフォルダ(Phtooshop CCなどのフォルダ)にアンインストーラーが入っていて、それを実行するとアンインストール・ライセンス解除できます。
スクリーンショット-2014-01-03-13.14.59
また、ライセンスのみを解除したい場合は、ヘルプから、サインアウト(メールアドレス)をクリックするとライセンス解除できます。

Microsoft Office 2011

アプリケーションフォルダーから、「Microsoft Office 2011」をゴミ箱にいれ
Macを再起動し
再起動後ゴミ箱を空にするとアンインストール・ライセンス解除がされるよう。
詳しい情報:Office for Mac 2011 をアンインストールする方法

Maya (Autodesk)

アプリケーションフォルダのAutodeskの中のアンインストールしたいアプリのフォルダー(maya2014)を開き、Licensingのフォルダ内の「License Transfer Utility(Japanese).app」を実行すればライセンスをエクスポートできます。
そしてMayaなどをゴミ箱にいれればアンインストールが完了です。
Autodeskライセンス転送方法(スタンドアロン)|製品サポート|製品情報|株式会社ボーンデジタル
Autodesk Media & Entertainment 製品インストレーション ヘルプ: Mac OS X または Linux での Maya のアンインストール

ただMaya2014はOSXの相性かわかりませんが、「License Transfer Utility(Japanese).app」を起動させるとすぐに落ちてしまうみたいです。

Parallels Desktopのアンインストール
KB Parallels: Parallels Desktop 9 for Mac をアンインストールするには

AirServerのライセンス解除
スクリーンショット-2014-01-03-13.33.26
メニューバーのアイコンを右クリックして、Activatedをクリックしてウィンドウがでてくるのでそこでライセンス解除をします。

ESET Cyber Security のアンインストール
スクリーンショット 2015-09-10 12.07.21
【Mac】ESET Cyber Security Proをアンインストールするには? – よくある質問
ここには書いてありますが、もともとのインストーラーが必要です。
インストーラーがない場合は、キヤノンITソリューションズ:セキュリティソリューション:サポートからダウンロードして、アンインストールを行います。

年末、忙しかった人はちょっと暇なこの機会にMacを掃除してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す